キャッシングしてはいけない人はこんなタイプ

生活費がカツカツの原因は?

生活がカツカツになっている人の特徴の一つに【貯金がない】という点を挙げられます。

貯金がないので、キャッシングを貯金代わりにしている人がいます。

 

しかし、そういう状況では、いつまで経ってもキャッシングから離れることが出来ません。
やはり自分の貯金を作ることが大事になってきます。

 

困った時にすぐにキャッシングを使っていると、キャッシング地獄にはまってしまいます。
貯金があれば、新たなキャッシングをしないで済みますので、やはり貯金を作ることを重視しましょう。

 

貯金は必要な生活費を支払った後の残金で優先的に回したいものです。
貯金の習慣をつけていない人は、まずは1000円や500円でも構いません!

 

まずは貯金を続けられる金額から始めてみましょう。
最初から1万円や2万円なんて金額は、貯金を続けたことがない人にとっては、挫折しやすいので、無理をしないようにしましょう。

 

まずは【続けられる金額を設定】することが大事です。
そして1年間くらいリハビリ感覚で続けてみて、大丈夫そうになってきたら、貯金金額をもう少し上げてみましょう。

 

こうして徐々に金額を上げていくことで、【貯金習慣】を身につきます。
まずはこの貯金習慣を身に付けることが何よりも大事になってきます。

 

貯金習慣が身につけば、後はどんどんとお金が貯まっていきます。
キャッシングで返済中の人でも、貯金はしっかりとしないといけません。

 

出来る範囲で構いませんので、しっかりお金を残す練習をしましょう。

引き落とし用と貯金口座は分ける!

貯金生活を成功させるポイントは、【貯金用口座】を作ることです。

支払い口座と貯金用口座を別々にしていないと、気づいたら使ってしまって何も残っていないということがあります。

 

やはりそうならないためにも、貯金用口座を持っていない人は、一つ作ってみることをおススメします。

 

目的別に貯金口座を作ったほうがしっかりと貯めた分だけ残りますので、やる気のUPにもつながります。

 

特にキャッシングで地獄を見ている人は、どうしてもどんぶり勘定で適当にしている人が多いので、しっかりと目的をもって口座を分けたほうが安心です。
引き落としの口座は、常に残高が変動しますので、やはり良くありません。

 

他に口座を作ってしまうと、お金を移動させるのが面倒だと思う人は、自動で預金をしてくれる積み立てサービスを利用するのも一つの手段です。
積み立てサービスは、一度登録してしまえば、自分でお金を移動させる手間もなく、簡単で便利です。

 

ずぼらな人でも、簡単に貯金習慣が身につきます。
自分一人で貯金をするのが苦労しそうな場合、やはり銀行の自動積立サービスを上手に利用することがおススメです。

 

キャッシング地獄と縁を切るためには、まずは自分にある程度の貯金の預金が欲しいものです。
キャッシングをしているからと言って、貯金にお金を回さないのは、自分の首を絞めるだけです。

 

まずはキャッシングをしていても、貯金を少しずつで良いので、増やす努力をしてみましょう。