キャッシングしてはいけない人はこんなタイプ

月の収入だけでやりくりできる生活を

最近の会社は、お給料が低い所も多く、月収だけでやりくりするのが難しいケースも多いと思います。

しかし、キャッシングの返済等をしている人は、月の収入だけで何とかやっていく必要があります。

 

借金地獄になってしまう人は、【収入内でやりくりするという基本】は出来ていない人が多いのです。

 

 

自分の収入の範囲で生活が出来ずにいるから、いつまでも借金が続いてしまうのです。

 

その中でも、ボーナス払いを頼った結果、上手く行かなくなってしまうと言う人が実に多いです。
クレジットカードの返済や、住宅ローンの返済でボーナス払いを指定している人は、ボーナスの変更によって、返済プランも崩れやすくなっています。

 

まさにボーナスと一蓮托生になります。
そのため、ボーナス払いに依存している人は、非常に危険な状態です。

 

住宅ローンでは、ボーナス払いが出来なくなった結果、家を失う可能性も出てきます。
長期で返済をすればするほど、長期的に返済に充てる収入が途切れないことが大事になってきます。

 

すぐにキャッシングの借金を返済できるような人であれば、ボーナス払いも良いですが、長期的にボーナス払いで支払いを続けるというのは、長期で会社が黒字成長を続けて行かないといけないので、難しい問題です。
借金返済は、やはり出来るだけ現在確実に入ってくるお金で計画を立てていく必要があります。

 

会社のボーナスの変動まで確実に長期で読める人はいませんので、ボーナスは余裕があった時に、追加返済で利用できるようにする方が利口です。

ボーナスは増減が激しいので頼りにしちゃダメ

キャッシングで困っている人は、クレジットカードの支払いなどで、ボーナス払いに頼りすぎている人もいます。

 

ボーナスはその時々の経営状況によって違ってくるため、【アテ】にすると後で期待外れになってしまうことがあります。

 

しかし、月々のお給料が低い人は、やはり普段の生活ではカツカツのため、どうしても大きなお金が入ってくるボーナスを期待してしまう人もいます。

 

ボーナスで大きな買物をすると決めている人もいますので、どうしてもボーナス頼りになってしまうケースがあるのも仕方ないと思います。

 

しかし、ボーナスは、不安定なものですから、ボーナスがなくなった時に、アテが外れて、返済の目途が立たなくなってしまうこともあります。
普段から生活が苦しい人は、やはりもっと苦労しますので、ボーナスは【貰う前からアテにする】のではなく、【貰ってからアテにする】ようにしましょう。

 

貰ってからボーナスをアテにすることは決して悪いものではありません。
やはりボーナスをアテにするのであれば、【実際にもらってから】というのが一つのポイントになってきます。

 

実際にもらってからボーナスを考えるのであれば、ボーナスがいざなくなったとしても、計算が狂いません。
キャッシングの返済は、本来ボーナスのような不安定な収入を頼りにするのではなく、月々で確実にもらえるお金の中から、返済できるように計画することが大事です。

 

毎月の返済が出来ない人が、苦し紛れにボーナスに頼るのは根本的な借金地獄からの脱出になりません。